ホーム > みてみて情報 > スプレッドの大切さ

スプレッドの大切さ

「スプレッド」とはFX取引は通貨ペアを買ったり、売ったりすることによって利ざやを上げる取引です。

 

売買の値は1日中上がったり下がったりします。

 

それが為替市場です。

 

テレビを見ていると情報が流れることがあります。

 

例としてあげると、「ただいまの為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという事ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを意味しています。

 

別の言い方をすると、売り買いには買値と売値の両方の値が存在する事を示しています。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと表示する取引業者も存在しています。

 

いつもは売値が買値よりも安く決められています。

 

自分が買うときには高く、売るときには安くなっています。

 

この差分をスプレッドといい、会社の利益のひとつとされています。

 

スプレッドの狭さは業者によって異なります。

 

スプレッドの差はあなたにとってコストになるので、低いFX業者を選んだほうが有利になります。

 

ただし、同じFX取引会社でも状況に応じてスプレッドの広さは拡大したり、縮小したりします。

 

もしも通常はドル円のペアでたった1銭のスプレッドであるとしてもレートの変動が激しいときには大きくなります。

 

という訳で、スプレッドが低いのと共に、固定しているということが必要です。

 

この頃では変わらないスプレッドを見せるFX取引会社も数多くあります。

 

リアルに取引会社の売買画面の上で実際の相場をチェックしなければわからないので面倒くさいですがとても大切なことです。

 

貴重なお金を賭けて売り買いをしますので、本当の売買の前に、関心がある業者の取引するための口座開設を積極的にして、表示されているスプレッド幅を見ておきましょう。

 

同じ通貨でも、外国為替市場の変動率(ボラティリティ)によって通貨のスプレッドの差は異なります。

 

普通は、インターバンク市場で取引量の多いペアではスプレッド幅が小さく、その他の通貨ペアではスプレッド幅が拡大する傾向にあります。

 


関連記事

  1. えっ?軍手?そんな物お風呂の中でどうやって使うんですか!?

    いつだったか、塩サウナに入ってみたくて、スーパー銭湯に行った時、 軍手をお風呂に...

  2. レム秋葉原のホテル予約

    先日、学生仲間のグループで東京観光に行ったんですが、どこに宿泊しようか迷ったんで...

  3. スプレッドの大切さ

    「スプレッド」とはFX取引は通貨ペアを買ったり、売ったりすることによって利ざやを...