ホーム > 投資・FX > かなりの負債

かなりの負債

民事再生という選択肢は住宅ローンを含む重債務に陥っている債務者を対象とした住んでいるマンションを維持しながら金銭管理において立ち直るための法による債務を整理する道として適用されるようになった手段です。

 

民事再生という制度には、破産宣告とは違って免責不許可となる要素がなく、散財などで債務ができたような場合も民事再生は問題ありませんし、破産手続きをすれば業務停止になる危険のあるポストで仕事をされているような方でも制度の活用ができます。

 

破産宣告ではマイホームを残しておくことは無理ですし、他の債務処理方法では、借金した元金は返していく必要がありますので、住宅ローンなども支払いながら返していくのは実際のところは簡単ではないと思われます。

 

しかし、民事再生を取れればマンション等のローンのほかの借金額はかなりの負債を減らすこともできますので余裕がある状態で住宅ローンを返しつつ他の負債を支払い続けることも可能というわけです。

 

ただし、民事再生という手段は任意整理による手続きや特定調停とは異なり特定の負債を省いて手続きすることは許されませんし、破産の際のように借金それそのもの消えるということでもありません。

 

それから、これとは別の処理と比較してもある程度煩雑で手間が必要ですので、住宅のためのローンがあり住宅を手放したくない時など以外の破産等のそれ以外の整理ができない際における最終的な方法とみなした方がいいでしょう。

サナコウの気ままなブログ


関連記事

  1. 外国為替市場の戦いに勝つために

    パソコンの画面の前に座って止まることなく上下動しているレートを眺めていると、理由...

  2. かなりの負債

    民事再生という選択肢は住宅ローンを含む重債務に陥っている債務者を対象とした住んで...