ホーム > 投資・FX > 外国為替市場の戦いに勝つために

外国為替市場の戦いに勝つために

パソコンの画面の前に座って止まることなく上下動しているレートを眺めていると、理由無く取引をしなければならないという衝動が沸き起こる場面も少なくないだろう。

 

しかし、不確かな考えでエントリーすることだけは断じてしてはいけません。

 

確かに、相場は1日中、いつでも為替相場がやっているし相場も、動いています。

 

しかし、だからといって考え無しに売買をすると、それだけで損失を被る危険が高くなります。

 

当然の事ながら、トレードの回数を積む事で、稼げる可能性が半々になっていくのは事実です。

 

しかしこの事は「明確でないアイデアで売り買い」することとは別問題です。

 

取引回数を積むということは自分自身が「ここがチャンス」と考える自信を持ったところでのトレード回数を増やすという意味です。

http://o0q0w88f77.exblog.jp/

理由がなく、ひっきりなしに売買をするのとは全く違います。

 

外国為替市場の戦いに勝つためには、自ずから深く考えてけじめをつけることが肝心です。

 

「ここで勝負」と考えた外国為替市場の時には、いっそ所持ポジションを積み増して、意識して利益を求めます。

 

「悩ましいマーケットで、どう上下するのかわからないな」と感じたならば潔く諦めて売買ポジションをすべて見切りをつけて放置します。

 

これくらいのリズムをつけた方が最終的にはトレードはうまくいきます。

 

マーケットの格言には「休むも相場」というものがある。

 

本当にその通り。

 

外国為替相場とはいつでも売買ポジションを持っていることが大切ではなくどのポジションも保持せず待っている事も事態によっては、相場なのである。

 

では、いつ休めばいいのでしょうか。

 

第1に考えられるのが、先に述べたように、これからの外国為替市場が判断できない時です。

 

これからどちらにいくのか決断できない時は、分からないまま行動すると、考えた脚本とは反対の方向に相場が変動してしまい、損をする事になります。

 

だから、そうした時はポジションを諦めそのまま何もぜずに静観を決め込むのが唯一出来る事です。

 

次に、あなた自身の体の状態があまりよくない時です。

 

体の調子と相場に何の影響も与えないと感じる人もいるでしょうが意外とつながりがあります。

 

体の調子がすぐれなければ、マーケットの肝心なところで落ち着いた決定ができません。

 

気乗りがしない時はマーケットから目をそらす事も肝心な事です。

 


関連記事

  1. 外国為替市場の戦いに勝つために

    パソコンの画面の前に座って止まることなく上下動しているレートを眺めていると、理由...

  2. かなりの負債

    民事再生という選択肢は住宅ローンを含む重債務に陥っている債務者を対象とした住んで...